ブライダルローンの審査が甘い銀行選びならどこがいい?

ブライダルローン返済方法についてどの方法がベストなのかと悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てこんで返済プランを組むことは避けましょう。

仮に300万円の結婚式を挙げたとして、その挙式費用をご祝儀で全額賄うことは不可能といわれており100万円程度は赤字になってしまうそうです。

具体的に計算してみると、1人あたり3万円のご祝儀を包んでくれたと仮定し招待人数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

どうにかして100人を招待することができれば300万円集まってご祝儀で完済しきれる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人は45%だそうでローンを考えている人で、キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

ブライダルローンの借入先として消費者金融を考えているという人は総量規制が適用されますから年収の半分を超える借り入れはできません。

事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から追加で借り入れを希望するという場合は注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借りることができますが、1人当たりの貸付総額は500万円と設定されているため、すでに楽天スーパーローンで300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないということになります。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、みずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

ブライダルローンの必要書類は一般のカードローンと一緒で、本人確認書類、収入証明書などになります。

勤続年数や雇用形態を融資条件にしているところも多く勤務証明書を求められる場合もあります。

ブライダルローン使用目的が限られていますから結婚式場や不動産屋の請求書や見積書も必要です。

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローンの対象外になることがありますので、事前に確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して代金を支払った式場代などの領収書や振込控えなどはコピーをとって融資を受けた金融機関に提出することも必要です。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

消費者金融や一部の銀行カードローンは無利息期間がありますがブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

もし、結婚に関する資金を無利息で・・と考えているのだとしたら無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

消費者金融のカードローンなら30日程の無利息期間が設定されているので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済してしまえば、金利が高くても怖くありません。

総量規制を知っていますか?総量規制というのは、収入の3分の1を超える融資を禁止とした規制で消費者金融などの貸金業者に対してこの規制がかけられるというものです。

結婚式は平均して250万円から350万円かかると言われていますから総量規制が考えると、年収が750万円から1 050万円必要になってしまいます。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんしすでにカードローンを利用している人は結婚式を挙げられないんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行なら貸金業法は無関係となりますしクレジットカードを扱う信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用、家具や家電の購入代金など色々とお金が入用となってきます。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

ブライダルローンとカードローンはローンを組んで借りると言う点では共通していますが二つには大きな違いがいくつもあります。

まず、ブライダルローンというものは銀行や信販会社がサービスを提供している目的別ローンですがカードローンは銀行や消費者金融業者が提供するフリーローンです。

貸出金利も大幅に違っていて、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンは3.0%から18.0%と高金利に設定されています。

手続きや審査に関してはブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して低金利なことがウリの1つですがキャッシングであることは変わらないので、返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々の返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息が多くなりますから、なるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀では賄いきれない場合は返済シミュレーションをしっかりし、着実に返済していきましょう。

銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のように専門のローンもありますが大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンでは式場と提携している場合が多く、指定の式場で挙式をあげることが融資条件となっていることが多いです。

銀行の金利はだいたい5%から7%が相場となっていますが式場提携タイプは6.0%から15.9%と高めです。

金利面から見ると銀行のブライダルローンのほうが魅力的ですがクレジット会社の中にも銀行同様に低金利なものもあります。

その中でもおすすめなのが、ジャックスの「プレシャンテ」です。

金利は6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

ブライダルローンというものは結婚に類する出費にしか使えないという制約があるのですが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

新居を購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思いますがその際に頭金があれば低金利で融資を受けられたり、審査に通りやすくなるなどのメリットを享受できます。

一般的に住宅ローンを組む際の頭金は多いほど良いとされていますが物件価格の2割から3割程度用意しておくのが良いと言われています。

つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですからとてもじゃありませんが、一朝一夕で用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで借り入れたお金を住宅ローンの頭金の一部に回してしまえば低金利でブライダルローンも住宅ローンも組むことができるのです。

ブライダルローンはその名の通り結婚費用に限定された目的別ローンですので結婚に関する費用以外の使い道は認められていません。

ブライダルローンは目的別ローンと呼ばれるローンでリフォームローンや医療ローン、教育ローンなどと同じ種類のローンです。

認められている使い道には挙式・披露宴のほかに新婚旅行旅費、新居に関する礼金敷金・賃貸料、家具家電の購入などがあります。

フリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類が必要不可欠となっている点です。

例えば、結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が求められるほか支払完了後には領収書や振込控えの提出が必須となっていることもあります。

銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテゴリー分けされてることが多くリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使途を結婚に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンよりも低い金利で借りることができるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないためすべては用途が自由なフリーローンになります。

消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%でブライダルローンは5%から7%ですので格段に低いのがわかります。

又、ブライダルローンは数百万円単位で借り入れることができますが、カードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

ブライダルローンを提供している金融機関は数多くありますがどこを注意して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンというローンは資金の使途が限定されているローンなのですが借りたお金の使い道に関する制限は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例えば、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れはNGですしジャックスの場合は、挙式と披露宴含まれていればそれ以外の費用にも利用できるとされています。

ですから、ブライダルローンの選び方で重要視しなければいけないことは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

金利が低く融資の限度額が大きければ大きいに超したことはありませんが毎月の返済額などを考慮して無理のないプランを組めるローンを選ぶことをおすすめします。

ブライダルローン組む際に重要になるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?全体の15%を占めているのは、300万円から350万円の価格帯で2位は400万円から500万円(約12%)、3位は350万円から400万円(約10%)となっているようです。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますが約250万円から350万円程度のようです。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス20万から30万円多めに見積もってローンを考えておいた方が良いでしょう。

ブライダルローンもカードローンもお金を借りるという意味では同じ商品ですから審査に落ちてしまったらお金は借りられません。

ブライダルローンは低金利かつ数百万単位で借入可能ですからカードローンよりも審査が厳しくなるのは否めません。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴に共通点がありましたので紹介すると年収が200万円以下であったり、勤続年数が1年未満、非正規雇用などと言う場合が多いです。

また、過去に滞納履歴や債務整理の経歴があったり複数の金融業者から借り入れがある人は要注意です。

これまでに、1度もクレジットカードを所有した事が無いという人は滞納歴が無いので審査に通りやすいだろうと考えがちですが信用情報が一切ないということは、信用度の判断もできないということになるため、審査に通らない可能性があります。

参考:http://www.man-find.com/