ETCカードの審査がゆるく通りやすいランキングはある?

クレジットカードはショッピングの支払い時などに現金をわざわざ取り出すことなく支払えるので1枚あると大変便利なカードです。

また、ショッピング時だけでなく公共料金の支払いも出来ます。

クレジットで公共料金の支払いをすると知らない間にカードのポイントが貯まっていたりするので目的がポイントで支払い方法をクレジットにする人もいらっしゃいます。

ところが、クレジット指定にすると口座振替とは違い月の割引が無くなる事があります。

ETCカードを使えば、高速道路料金が割引されるだけではなく、クレジットカードのポイントも貯めることができるのですごくお得です。

ところで、ETCカードを選ぶ時のポイントとしては、年会費が無料のものが人気です。

また、入会するといくらかのポイントが進呈されるキャンペーンを行っているETCカードも存在します。

申し込み方法としては、クレジット会社のHPから申し込むことが可能です。

現金がなくてもショッピングできる1枚を持っていると万が一の時に安心です。

ショッピングの支払に利用できる他キャッシング機能がついているので現金が欲しいときに素速く対応できます。

作成法は色々ですが、一番簡単な方法はインターネットから申し込みをする事です。

ネットからの申し込みは現在一般的な方法です。

インターネット以外の手法は作った会社から貰う書類に必要な事柄を記入し送り返すという方法もあります。

インターネットショッピングをするときに現金を使わないで電子データーで支払い手続きをする方法をネット決済と言います。

いくつかの支払い方法がありますが、ジャストペイド方式のデビットカードでも利用できます。

消費者は、わざわざ振込みに出かける必要がなくなるので買い物を手軽に行えるメリットがあります。

販売店も在庫を抱える必要がなくなり営業スマイルをする必要からも解放されます。

しかし、どんなシステムにもデメリットがつきものでセキュリティ対策を万全にしておかないと悪用される可能性が高いです。

ガソリンを給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードについて調べていたところカードによってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時の付帯ポイントが2倍になるなどの色々な特典がつくカードもあるようです。

楽天カードを例にすると、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント還元率が2倍になり貯まったポイントで支払いもできるそうなのでよく通勤などで車を利用される方や高速道路を使う方は給油時の特典があるカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに異なるので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。

それはクレカです。

現在、クレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか手元にないという方は基本的にクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCのゲートを通るときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としの方法にすると何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。

自動車免許を取得して友達と車で遠くへ出かける際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときに持っていると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときでもETCレーンなら比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレジットカードを作る必要があり、現時点でクレカを持っている方は追加申し込みで発行されるので問題ないですが新規でクレカを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを探してみてください。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でETCカードだけ作りたいという方も少なからずいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカは作りたくないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額に対して5千円単位(5000?、10000?)で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

逆に言えば、補償金を預けることさえできれば携帯料金の未納など何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いが補償金が必要かの有無です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことはありませんか?学生がクレカを作るのはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカ申込時の審査において優遇されているので社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、審査が優遇される以外にもポイント還元率のアップやある年齢まで継続すると自動でゴールドカードにランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

学生のうちからネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで住宅ローンなどが組みやすくなります。

皆さんはETC カードの発行新鋭をする際にどういった部分を気にしてカードを申し込みましたか?所持しているクレカからそのまま発行申し込みをしている方や年会費無料などの費用が発生するかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを申し込んでいない方に向けて他の方がカードを作ったときにどのポイントを見て選んだのかを調べてみました。

高速道路の利用頻度が少ない方は年会費や更新費用がかからないカード、利用する回数が高い方はポイント還元率やマイレージ特典で選ぶ方が多いようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのクレカ支払い時にポイント還元率が高くなっているものや自営業の方は業務用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

最近ETCカードが欲しいと思って調べていたところあまり知られていない豆知識を見つけました。

それは、車載器がなくてもETCカードは利用可能ということです。

カードは作ったけど車載器がないといった場合にETC専用レーンではなく一般レーンを使いスタッフにETCカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

参考:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

係員に手渡しで利用する場合、ETCが導入された理由として人件費削減や渋滞を起きにくくするという目的が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージポイントなどの特別ポイントは付かないことや休日割などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんも車載器がついている場合はぜひETCで通行しましょう。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金が割引されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のHPに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約9割が利用していたそうです。

ほとんどの方がETCを利用しているということです。

割引に関しても東京湾アクアラインを例にすると普通車のETC料金は800円ですが一般レーンの利用料金では約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとまだETCを使ったことがない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの入手方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加申し込みで発行、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べて料金所渋滞に引っかかりづらくお得なETCカードですが高速道路を走らない時のカードの管理を皆さんはどうしていますか?インターネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしにしている人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されてもETC以外で悪用されないから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードに変えようと思ったらカードの挿し替えをしたら起動時に認識エラーが発生するようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときに入れて使わない時は抜くようにしましょう。

高速を利用するときに便利なETCカードですがたくさんカード会社が存在していて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを何種類か紹介します。

発行手数料、年会費が無料に設定されているのがライフカードです。

ライフカードでは誕生月に利用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは知らない人はいないくらいの知名度の楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費がかかるのが気になるという方もいると思いますが楽天カードは基本的にポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

ETCカードを挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、急なトラブルに焦ってしまうと思いますがそんな時こそ落ち着いてしかるべき場所に連絡をしましょう。

仮に盗まれたのではなく紛失だったとしても絶対に警察へ紛失届けを出してください。

届けを出したら次はカードの発行元への連絡になります。

ネクスコなどの高速道路事業会社が発行しているカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

連絡できる時間が限られているので連絡する時間に気をつけてください。

クレカ会社発行の場合は発行元の各クレカ会社へ連絡をします。

その際クレジットカード会社によって対応の違いが多少あると思いますが多くの会社では24時間受付のフリーダイヤルが用意されています。

車で遠くに行く時に便利なETCカードですが、取り扱っているカード会社が多くてどこを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社によってどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人がチェックするのが年会費や更新費用の有無でしょう。

年会費については大きく分けて3種類に分類され、年間の利用額に関わらず、年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプがあります。

更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料だった場合、多くの場合更新費も有料になっていることが多いです。

トラブルが起きるタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前ETCカードを使おうと思ったら財布の中から見つからなかったんです。

用事を済ませ家に帰ってから改めて探しても見つからず気づかぬうちに失くしてしまったようです。

こんな時の対応にあまり慣れていないので焦ってしまいました。

まず最初にカード会社に紛失の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところ本人確認が済んだ後にそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料が発生しますが手続きをしてから1から2週間程度で新しいカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

わかっているようで実は知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方・注意点はどうでしょうか。

NEXCOのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカ同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

乗車後に車載器にカードを挿入することになりますが正しく挿入されて挿れば「カードを認識しました」と音声が流れます。

ETCレーンに入る際はレーンの信号が赤になっていないかの確認とレーン内の速度は時速20km以下にして通行してください。

もし何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで料金所係員の指示に従うようにしましょう。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

技術的には他人名義のカードでも使えますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

少しわかりやすく書くとETC制度もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座からまとめて後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。