住宅ローン借り換えにかかる諸費用とは?

マイホームを持つ。

というのはあこがれるものですよね。

そうはいっても、家を購入するのは数千万単位のお金を要します。

なので、すぐに支払いをする。

という事は、かなり難しいです。

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?一番いい方法は銀行または信用金庫がおすすめです。

自分で借り入れしたい銀行を選んでもよいのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、担当者に全て任せる。

という方法もあります。

数年後に、ローンを組んで家族と住むための家を購入したい方は返済期間をどれくらいで設定し完済するのか決めましょう。

返済期間を短縮することができたり金利を抑えたりできる住宅ローン借り換えによる最大限の効果を引き出し得をしたいものです。

大抵の場合、ある一定期間で申込みをするのが普通ですが本当に満期までかかって返す方は少ないようです。

大体借入れをしてから10年以内を目標としている方が多いです。

まとまったお金が手に入った時にそれらも返済に充てたい時は、まとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

目の前の生活だけでなく、今後の見通しも検討した上で負担の少ない借入れが出来るように努めましょう。

ゼロ金利政策が復活した現在、最低水準にまで下がり住宅ローン借り換えによる最大限の効果を引き出し得をしたいものです。

まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。

『そろそろいえほしいな』と考えた時資金関係で役立つのは住宅ローンです。

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますがマイホームを購入するときは不動産屋に行く方が多いと思うのでそこで紹介された銀行等に申し込みをしても良いでしょう。

返済期間はそれぞれですが最長35年まで借り入れする事が可能です。

ですが、この35年という期間は年齢によって不可能になる場合もあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みは通りにくくなってしまう事が多いようです。

様々なローンを利用する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが固定か変動かどちらが得なのでしょうか・金利だけを見ると変動の方が低くなっていることが多いですがしかし、変動というように半年ごとに金利が変わるので場合によっては、固定の時よりも高くなってしまうなど支払額が不安定になってしまい返済計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う人の多くは変動制を選択する方が多いようです。

固定制の場合は、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急激に金利が上がっても心配ないというメリットもあります。

両方の中間とも言える固定期間選択制というものもあります。

住宅ローン借り換えをするにあたり様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記手続きなどです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が行いますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う多くの方は司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関が指定する司法書士を選ぶことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは銀行機関ごとに違うので確認してください。

他にもローン審査を行うにあたり用意する書類も多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断もありです。

いきなりですが皆さんは住宅ローン借り換えを行ったことがありますか?多くの人は行ったことはないはずです。

ここでは、借り換えを行う際の流れを確認しましょう。

まずはじめに行うのは、現在のローンを再確認することです。

銀行機関の多くでHPに設置されている借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総額をシミュレーションしてみましょう。

住宅ローンを選ぶ際に大切なことがあります。

例としては、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

なぜかというと繰上げ返済を早く進めれば進めるほど元本も利息も減っていきます。

そうすると総支払額が低くなったり、支払期間が短くなります。

そのため、手続きをネットで気軽に行えることや返済可能額が一円以上だと行いやすいですよね。

返済時に気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が圧迫してしまうのは本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

引用:住宅ローン借り換えの諸費用とは?メリットを調査!【得する目安は?」

住宅ローン借り換えを行うときも同様の部分をチェックしてください。

総費用を見てお得だと判断した後は借入銀行選びです。

金利だけを見るのではなく、保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合う銀行が見つかったら次は審査です。

仮審査で複数の銀行から融資OKをもらったら条件のいい銀行を選びましょう。

住宅ローンを組んでいる方にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除は利用できるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換えをする際に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが控除をフルに利用するには、返済期間を10年以上にすることやローン控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済を行いことなどがあります。

ローン控除では1%が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなるからです。

申し込みが通ったほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換え申し込みはいつから可能なのでしょうか。

最短はわかりわからず半年から行っている場合もあるようですが、1例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を滞りなく進めている方という項目があり、他の銀行も同じくらいの審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくい可能性が高まります。

新規の借入時よりも金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済を続けた後に検討しましょう。

今の借りているローンの金利よりも金利を低くするために行う住宅ローン借り換えですが、行う際には何点か注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、メリットとしては月々の返済額を抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の金融機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要が出てきます。

こういった面も含めて総合的に考えるべきです。

仮に、借り換えを行うのを決めた場合では、借り換え先を選ぶ際に、保証料がかからないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなど自分の条件にあった基準でローン選びをする必要があります。

皆さんは住宅ローンを契約する際に頭金を支払いましたか?頭金を用意しなくてもローンは組めますがそうすると毎月の返済額が高くなるのが悩みどころです。

そういった場合に返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを検討すると思います。

稀に、「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と思っているようですが場合によっては審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初に申し込んだ審査の時よりも転職をして年収が下がってしまった場合や年収に対してローン返済額が増えているということで引っかかるようです。

公共料金の支払い滞納なども問題になるので気をつけましょう。

住宅ローン借り換えに関して調べものをしていると気になる事実を見つけました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンを借り換えられないということです。

どういった場合にそういった事態が起きるかというと転勤することになって転勤先での賃アパートなどの貸料と二重になるので、今よりも金利が低いローンに借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ新しく組めないかというと、住宅ローンという制度は自身もしくはその家族が住むための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、住宅ローン以外の金融商品を探しても借り換え前よりも良い条件のローンは基本的に見つからないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際なども同様のことが言えます。

住宅を購入する際に利用したい住宅ローン控除制度ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば適用できます。

控除を受けるには勤め先で年末調整をしていた方でも、初年度に住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、提出する必要書類が多いので前もって準備を始めましょう。

借り換え後も控除を受けられる条件としては、借り換え目的が当初の住宅ローン返済のためという要件と借り換え後の借入期間が10年以上になっているかという2つです。

基本的に借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利条件を見直すためなので状況が大きく変わっていなければ適用可能なことが多いです。