教育ローンって審査が甘いのは基準が低いから?

医大などを目標にしている方は、教育ローンでいくらまで借りられるか?という事が気になりますよね。

いくらまで借りられるかは銀行やノンバンク等によって融資額はそれぞれ異なります。

国の教育ローンの場合、最高でも350万円となっています。

民間銀行の教育ローンは最大限度額1000万円程度まで貸し付けてくれる銀行もあります。

就学先が医学部、歯学部、獣医学部などの場合は、最大3000万円まで融資可能という銀行もあります。

一方、信販会社は大学や専門学校などと提携している場合があり、提携校によって融資額が変わるほか、直接学校に振り込まれるなど他のローンとは少し対応が変わってきます。

教育ローンを比較したい時はランキングサイトの利用がおすすめです。

わざわざ銀行へ出向いたりを回ったり資料請求する手間はかかりません。

金利や借入可能額など知りたい情報は一覧表になっているので簡単に比較ができます。

表の中には、来店の有無やローンのメリット・デメリットなどが掲載されているサイトもあります。

銀行のHPへリンクが貼られていることが多いのでとても便利です。

教育ローンが借りれないという人はどういった状況が想定できるでしょうか。

恐らく色々な要因があるでしょう。

まず、仕事に就いていることが必要となりますので無職であったり年金受給者と言う人は貸してもらえません。

正社員であることは必須要件ではありませんが安定継続した収入があることを証明する必要があります。

契約社員などの場合は最低限2年以上の勤続年数がないと難しいです。

年収も200万円以上はないと審査をクリアするのは厳しいと言わざるを得ません。

銀行の教育ローンであれば通常、低金利な商品が多いのが一般的です。

ノンバンクの教育ローンより融資金額は大きいですし返済期間も長期間にわたるので余裕を持って返済することが可能です。

最近ではネット銀行も広く普及していますのでWeb上で完結する銀行もだいぶ増え、利便性も向上しています。

銀行口座がなくても申し込めるローンもありますが口座があると低金利の優遇金利を受けることができるという銀行が多いです。

給与振込や住宅ローン利用でも金利が優遇される銀行もあります。

教育ローンの申し込み方法は郵送でも申し込めますしインターネットなどで申し込むことも可能です。

郵送の場合は最初に電話などで借入申込書を請求してください。

その後書類がお手元に届いたら必要事項を記入し、返送することになります。

インターネット申し込みを利用する場合は事前診断コーナーが設けられていますのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査を申し込むのもWebで行えますしとても便利ですよね。

無事に仮審査の申し込みが完了しましたら受付けしましたというメールが届くはずですので必ず確認してください。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

通常のカードローンとさほど違いはなく限度額の範囲内だったら自分の好きなときに借り入れや返済ができるローンになります。

通常のカードローンとどこが違うのかというと融資の使途が教育資金に限定されます。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますが一部の銀行でもこのタイプを提供しているところはあります。

学費がわかりやすい初年度は一括借入れ型でかかる費用が読めない2年目以降にカードローン型を利用できるといった金融機関もあります。

低金利有名な教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。

年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクの教育ローンと比べるとかなり安いです。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国のローンがいかに低金利かがわかりますね。

使途は、学費以外にもアパート代やパソコン購入費など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

ただし、国の教育ローンは世帯年収の上限額が決まっており、融資の対象は義務教育以上の教育を望む中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンの受け取り方として一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

つまりは住宅ローンのように一括で借り入れた金額全てを受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの多くはこの一括借入れ型になります。

一括借入れ型の特徴はローン契約と同時に返済金額も確定となる点です。

返済の計画を立てやすいという利点がある一方で追加資金が必要になった場合は新たにローンを組まなければなりません。

高校生の学費が安いとは限りません。

私立であれば年間70万円以上も学費が必要になります。

学費が払えないと最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校は教育機関のため、一定の猶予が与えられますが3か月以上滞納してしまうと、除籍や退学になる可能性が上がります。

学費が滞っている時の解決策は借金になりますが借りる先を誤ってしまうと大変なことになります。

教育一般貸付(国の教育ローン)なら低所得者の味方なので安心して借りることができます。

埼玉りそなの教育ローンについてご説明します。

埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

りそな教育ローン変動金利方式を採用していますので、1年に2度、金利が更新されます。

りそな教育ローン(証書貸付タイプ)の現在の店頭表示金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。

住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。

最低10万から最大500万円まで借り入れることができ返済期間については最長14年まで借入可能です。

最長4年6ヵ月は利息のみの返済も可能で、入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内に申し込めば借入れ可能です。

ろうきん(労働金庫)とは会員が出資し会員同士お互いを助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行やノンバンクといった営利目的ではないので金利は2から3%台と比較的低くめになっているのが特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額でローンの返済期間は15年から20年と長期にかけて返済していくことになります。

ろうきんの会員以外の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員は優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方のろうきんだと入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

教育ローンの金利は借入する金融機関によって大幅に差があります。

金利が低い融資期間だと1%台からありますが高いところでは金利が10%近いものもあるのです。

銀行であれば口座を作ることで優遇金利が適用される場合があります。

金利の計算方法にも2種類あり変動金利と固定金利の2つの金利タイプがあります。

現在は低金利の時代なので固定金利の方がリスクがないと思われます。

国の教育ローンは日本政策金融公庫(日本公庫)が取り扱っています。

国の教育ローンは教育一般貸付と呼ばれ、最高350万円まで借り入れることが可能です。

教育一般貸付は年1.76%という低金利のほか固定金利ですので、利子が膨れ上がる心配がありません。

所得や子供の数によって受けられる優遇制度もあります。

ローンの使途は銀行やノンバンクよりも幅広く受験時の交通費や宿泊費なども認められています。

奨学金と教育ローンの違いについてご紹介します。

教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは親御さんなど保護者が借主となるのですが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。

借り方についてですが教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月定額振込みが基本です。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金に関しましては、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期は教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金は卒業後からの返済となります。

アルバイトしながら大学などを目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを申請することは可能です。

ですが、ローンを組むには条件があり20歳以上の成人でないと融資を受けることはできません。

また、一般的にローン契約には安定した収入が必要という条件が設定されていることが多いため勤続年数は2年以上は必要と言われています。

返済能力も審査をクリアする上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入ないと厳しいかもしれません。

いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金のほうが可能性が高いと言えます。

参考:http://www.next-right-thing.org/pa-to.html