普通の人は知らない住宅ローン滞納後の事とは?

住宅ローンを滞納してしまった場合、大抵の人がブラックリストに載ってしまうと考えるでしょう。
確かにそれは正解ですが、滞納が続くとそれどころじゃない事態に巻き込まれてしまいます。
まず初めに競売予告通知というものが届きます。
続いて届く書類が代位弁済予告通知です。
これは滞納を3ヶ月以上した場合に大抵届き、これを受け取ると事実上最後の通知となります。
つまりこのタイミングで今までの滞納分を払わないと、保証会社が住宅ローンを立て替えて払う形となります。
するとそれからは保証会社があなたの取り立て役になる事になり、その後は代位弁済通知というものが届く形となります。
ここまで来るとローン残高を一括で払わない限りはどうしようもありません。
さもなくば競売の道しか残されない事になるので、そうならないためにも滞納はしないように努めるべきです。
これはufj銀行やりそな銀行など関係なく、どの銀行を利用しようが同じ流れとなるので、くれぐれも滞納は避けて返済義務を全うするよう努めましょう。
住信SBIネット銀行住宅ローン借り換え口コミは?【審査甘い?】